苦しみの真ん中でも

0
    神は正義と公平を愛し、いつくしみは地に満ちている。

     今日の詩編(詩編33.4+5,14+15)ではこのように歌われています。しかし、「そんなことはない。地に満ちているのは苦しみや悲しみだ」と思う人は決して少なくないでしょう。

     実際、この地上には多くの苦しみ、悲しみ、痛みがあります。怒りも憎しみも、不正も絶望も耐えることがありません。そんな世界の中にさえも、神のいつくしみは満ちあふれているのだと、この歌は私たちに告げているのではないでしょうか。

     決して楽園ではないこの地上にも、罪を犯さずには生きていけない私たちの中にも、神の愛、神のいつくしみは満ちている。それを信じることこそ、神を信じるということではないでしょうか。ありのままの自分で、この世界の中にある神の愛に出会い、それを喜んで生きる。それはどんな「清らかさ」よりも尊いのではないでしょうか。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    archives

    profile

    search this site.

           

    links

     

    人気ブログランキング

    にほんブログ村

     

    follow us in feedly

    お問い合わせは以下のアドレスまでお願いします(リンクではありません。お使いのメールソフトに画像のアドレスを打ち込んでください)。

    catmark.jpg

     

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM