ペトロともパウロとも

0
    その日、ペトロは口を開きこう言った。「神は人を分け隔てなさらないことが、よく分かりました。どんな国の人でも、神を畏れて正しいことを行う人は、神に受け入れられるのです。」

     今日の第二朗読(使徒言行録10.34-38)にはこのように書かれています。ペトロがこの言葉を語った相手は、コルネリウスというローマの百人隊長で、彼はペトロから洗礼を受けてキリスト者となりました。

     イエスが民族や宗教を越えてあらゆる人と友になったように、弟子たちもまた、ユダヤ民族の枠を越えてイエスの教えを伝えます。その働きが途切れることなく続き、二千年後の日本に生きる私たちも、イエスを知り、イエスの友になることができるのです。

     今私たちの心に燃えているイエスへの愛、イエスへの友情は、イエスから直接使徒たちに渡され、二千年間消えることなく受け継がれてきたものです。その炎をたどっていけば必ず使徒たちに、そしてイエスにたどり着くのです。ペトロもパウロも、私たちとは関係のない「歴史」ではありません。直接私たちとつながっている兄弟であり、同志です。そして、その中心には今もイエスがいます。



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    archives

    profile

    search this site.

           

    links

     

    人気ブログランキング

    にほんブログ村

     

    follow us in feedly

    お問い合わせは以下のアドレスまでお願いします(リンクではありません。お使いのメールソフトに画像のアドレスを打ち込んでください)。

    catmark.jpg

     

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM