神の顔を慕い求める

0
    尊いその名をたたえよ。神を捜し求める者よ、心から喜べ。神にその力を求め、いつも、その顔を慕い求めよ。

     今日の詩編(詩編105.1+2,3+4)ではこのように歌われます。「顔を慕い求める」という言葉には、神との人格的な交わりを求める想いが込められているように感じます。

     顔を見るということは、その人の存在を認め、存在そのものと向き合うということです。そして、相手の目を見つめるということは、その人の心を見つめるということです。

     神という存在に向き合い、神の心と自分の心を重ね合う。祈りの時間が、そんな豊かな一時になればと思います。


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    archives

    profile

    search this site.

           

    links

     

    人気ブログランキング

    にほんブログ村

     

    follow us in feedly

    お問い合わせは以下のアドレスまでお願いします(リンクではありません。お使いのメールソフトに画像のアドレスを打ち込んでください)。

    catmark.jpg

     

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM